+82) 10-8453-0224

EN  / 日本語 / 中文 /  한국어

KAY TOTAL MAKEUP SHOP -a makeup shop
Daehak-ro 12-gil, Jongno-gu, Seoul, Republic of Korea
interior and exterior,2015
70.7cubic meters
wood, lightings, tiles, glasses and other interior materials

 

Kay Total Makeup Shopのデザインは、スペースを広く見せるためにほぼすべてのスペースに照明を使用し、木の質感を引き立てることで自然な雰囲気を強調したエコフレンドリーなアプローチを適用しました。天井を高く見せながら断熱効果を最大化するために、床に最小限の厚さで電線と配管を設置しました。 
私は、カナダから韓国に来たFXメイクアップアーティストのKayからこのプロジェクトを依頼され、建設プロセスのすべての側面を制作および監督しました。デザインとレイアウトは自分で手がけ、ドア、棚、壁、家具、テーブルなどの木工作業を大工と協力して完了させました。さらに、1人のスタッフと一緒に配管および電気設備の作業を行い、2人のアルバイトと1人のスタッフが断熱材の設置を手伝いました。床の配線と配管埋設作業は、2人の専門家と協力して行いました。

 

 

天井と壁の断熱による炭素排出の削減

ケイトータルメイクアップショップは、自然でアンティークな雰囲気を持つだけでなく、環境にも配慮したデザインのメイクアップショップです。7階の屋上に位置しており、冷暖房に弱い点を補うために、コンクリートの5倍の断熱効果を持つ50mmのグラスウール断熱材を使用しています。これにより、冷暖房のエネルギーを永続的に節約でき、最小限のエネルギー消費で快適な室内環境を維持できます。さらに、空間利用を最大限にするために、壁と天井をできるだけ狭くしました。

10トンのグラスウールを生産する過程で0.8トンのCO2を排出しますが、ガラスで断熱された建物は年間のCO2排出量を最大6トンまで削減できます。平均寿命を50年と仮定すると、ガラス壁は合計300トンのCO2排出量を削減できます。このような環境に優しい設計により、ケイトータルメイクアップショップは快適な環境とエネルギー節約を同時に実現し、持続可能性を考慮した空間を提供しています。

床の水平作業配線および配管埋設

壁のスペース消費を減らすために、浄水器の配管と追加の連続配管を床に設置して洗面台を水平にしました。

 

バスルーム

バスルームの家具が床に浮くように壁を床に固定し、家具の底にライトを設置しました。これにより、ユーザーに清潔で広がった空間を提供します。また、天井にボイラーを設置しました。

 

フロントデスク

キッチン

ドレッシングテーブル

トイレの家具、ワードローブ、ティーメイキング、書棚などは、床に触れないように280mmの高さで壁に取り付けられました。これはコンクリートと12mmの合板に設置され、300kgの重量に耐えるように設置されています。また、棚が切断された場所に間接照明を設置しました。これにより、空間を広く見せるだけでなく、管理の清潔さを保つことができます。ドレッシングルームの中央に設置された多目的キャビンは、オペレーターの動きを考慮して小さなスペースでも最適化を可能にしました。トイレの家具、ワードローブ、ティーメイキング、書棚などは、床に触れないように280mmの高さで壁に取り付けられました。これはコンクリートと12mmの合板に設置され、300kgの重量に耐えるように設置されています。また、棚が切断された場所に間接照明を設置しました。これにより、空間を広く見せるだけでなく、管理の清潔さを保つことができます。ドレッシングルームの中央に設置された多目的キャビンは、オペレーターの動きを考慮して小さなスペースでも最適化を可能にしました。

ドア

この店のすべてのドアは、デザインに合わせて私が現場で製作しました。

テーブル

待機テーブルは10年間乾燥させた赤松で作られ、透明なマットウレタン塗料でコーティングされました。

テラス

テラスの壁、窓、ドアは赤松で作られました。テラス床のデッキはステインペイントを塗布したクリーンで作られました。

設計図

建設前

 

SUBART ™ by Bear Lee.  2006.

105-87-21524

Bear Lee

T.  +82) 10-4216-3225

E.  subart28@gmail.com

W. https://subart.co.kr/