+82) 10-8453-0224

EN  / 日本語 / 中文 /  한국어

Subart café – Art community space
Donggyo-dong, Mapo-gu, Seoul, Republic of Korea
Interior, exterior and operation, 2012
86.2 cubic meters
wood, lightings, tiles, glasses and other interior materials

 

Subartカフェは、様々な形に変形できる家具や機器で構成された代替アートコミュニティスペースです。ここでは、パフォーマンスや展示などの多様な芸術活動が可能です。私はこのスペースのすべての木工作業、配管、電気作業を行い、自ら運営しました。カフェを運営しながら、消えゆくアート活動家たちの避難所も提供しました。

 

 

 

天井の引き上げ

カフェのインテリアデザインの基本作業として、低い天井の端にダクトを埋め込み、配線作業と一緒に断熱材を使用して天井がより高く見えるようにしました。スペースの活用を最大限にするために、テラスにカフェ機器用の収納スペースを作り、中央の天井を開閉可能に設計しました。

 

バーおよび棚の変形

多様な活動を目指すため、スペースは目的に応じて変化できる必要がありました。バーのテーブルはキャッシャーカウンターを除いて折りたたみ可能に設計され、壁は折りたたんで展示壁として利用できるようにしました。棚は回転可能に作られ、通常は来場者が美術関連の書籍を読むことができ、展示の際には棚を反転させて展示壁として活用しました。

 

変形可能なテラスとビルトインチェア

テラスに設置された壁はディスプレイ用の壁として使用でき、積み上げることができる木製ブロックは立体作品の舞台として利用できます。ビルトインチェアのように見えるすべての椅子は実際には移動可能で、イベントに応じて再配置することができます。

 

カフェ運営

普段はカフェとして運営され、人々が集まって会話を交わす場所として活用されていました。

 

展示会

カフェを展示スペースとして活用するために、すべての窓と棚が木製ブロックを使用して作品を設置できるように設計されました。

 

ライブパフォーマンス

カフェには内蔵スピーカーとモバイルスピーカーが設置されており、アーティストにステージを提供することができます。

 

撮影スタジオ

天井照明ラインに沿ってスタジオ照明を設置し、雑誌の撮影や放送を可能にしました。

 

看板作り

遠隔スペースを運営するために目立つ郵便箱形の看板とカップ形の彫刻(1.6m x 2.3m x 1.2m)を外部に設置しました。

 

プロモーション

カフェを宣伝するために、ドローイングブックを作成して配布し、カフェアートフェアを開催し、カップに絵を描いて焼き付け、テラスの天井にヘリウム風船にプロモーション資料を取り付けて飛ばしました。

このカフェは2012年に建てられ、2016年まで私が運営していました。現在は別のチームが運営しています。このスペースの設計と運営を通じて、インテリアデザインの技術を習得し、ハードウェアや電子機器を活用して物やスペースを多様な目的に変形させる機会を得ました。また、インテリアデザイン、スペース管理、およびプロモーションの関係性について学びました。

 

 

SUBART ™ by Bear Lee.  2006.

105-87-21524

Bear Lee

T.  +82) 10-4216-3225

E.  subart28@gmail.com

W. https://subart.co.kr/